東京証券取引所に上場しているJRの大手三社の中で最も株主優待券の割引率が高いのがJR西日本です。
その割引率はなんと5割引き、すなわち半額です。
JR東海が1枚当たり1割引きで2枚使用の2割引きまで、JR東日本が1枚当たり2割引きで2枚使用の4割引きまで、という実態からみても、JR西日本の1枚で半額の5割引きというのは本当に魅力的な株主優待券です。
JR西日本管内の運賃や料金が半額になりますので、関西から中国地方での長距離移動、旅行、出張などにおいては大いに役立つ優待券と言えます。
株主優待券は自分でなかなか使用しない場合に、金券ショップで換金する場合がほとんどですが、JR西日本の優待券はこの買い取りにおいても人気の商品です。
JR東海が1枚当たりの買い取り価格800~850円程度、JR東日本でも1枚当たりが1700~1900円程度というのに対して、JR西日本の買い取り価格は4000~4500円程度という人気ぶりです。
長距離での使用予定が無い場合であれば、優待券到着後、できるだけ早めに金券ショップへ持参して換金することがお勧めです。
なお、同じJR西日本の株主優待券であっても、同じような地域にある金券ショップであっても、その買い取り金額には差が生じるものですから、インターネットなどでの事前調査をしっかりと行っておくことをお勧めします。
ヤフーオークションなどでも人気の商品ですが、やはり有効期限が長い場合や、旅行・観光シーズンの直前などにおいては、その落札価格も高騰してくれます。
相場の年間推移に関する情報を紹介しているサイトもありますので、そういった情報も事前のチェックがお勧めです。
お得に使用、お得に売却、どちらでもありがたいのがJR西日本の株主優待券なのです。